スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森駅へ・・・② <最終回> ~撮り旅 ゴメ恋物語~

あおもり1_01


一時間遅れで到着した青森駅。
ホームの階段を上がると、青森ベイエリアが目の前に広がり。

『一時間だけ・・。ねえ、一時間だけいいでしょっ。』と自問自答しながら、青森駅の改札を出ます。


青森駅1_01


いきなり、だるまさんが転んだっ。。


青森駅2_01


あ・・・。転んでなかったですね、だるまさん。

青森駅前には、手作りっぽい可愛らしいねぶたさん(?)が並んでました。
間もなくやってくるクリスマスや年末に向けて、イベントが企画されてるのでしょうか。


駅を出るとすぐのところにある、青森市文化観光交流施設『ねぶたの家、ワ・ラッセ』。
こちらでは、ねぶた祭りの歴史を始め、さまざまなねぶた情報があますとこなく展示されているようです。

青森駅3_01


行きたい・・・・。でも、時間が・・・。

仕方ないので、外からチラ見。

青森駅4_01


慣れない雪道でキャリーケースを転がしながら、よろよろ(←自分では、急ぎ足でしたが、、苦笑)と移動。

先ほど、駅の構内から見えたA-FACTORYへ。

青森駅5_01


地元の特産品がたくさん集まってるお洒落なマーケット。

青森駅6_01


行こうかな・・。どうしよーかな・・・。
ってか、どっから入るんやろ・・・。


青森駅7_01


行きつ戻りつ、あたふたしていたら、↑↑この写真を撮った直後にコケました。
っで、雪まみれ。(@@

コケる寸前、咄嗟にカメラを守った自分が可笑しくて、座り込んだまま、げらげら笑ってしまいました。

道行く地元の方にとっては、ちょっと変なヒトだったかも知れません・・・--;
すみません。


そんなこんななうち、時間が過ぎてしまい、そろそろ駅に戻ります。

っで、最後にパチリ。

青森駅14_01


ファインダー越しに見えた『青森駅』のこの看板(?)。

途端に、

『・・・ワタシ、ほんとにここまで来たんやな~。』
『ああ。もお、帰らなあかんのやな~。もちょっと、ここに居たいな~。』

帰る間際になってから、しみじみシジミです。

北へ行こう!ゴメ王子に会いに行こう!!っと決めてから今日までの事が、ぐるぐると頭の中で回りだし。
なんだか、胸が熱く・・。完全に『ひとり思い込みの世界』に浸っていたところ。

『・・・ねえ。ちょっと。』と声をかけられました。

たいていの場合、ここで登場するのは、おじ様なんですが。
今回は、おじ様ちょっと手前の、口ひげの男性です。肩からごっついキ〇〇ンのカメラを下げ、足元にはおっきなキャリーケース。

『え?? アタシですか?? えーっと・・・』
『だからさぁー。これからどこに行くの?』


『えーっと。帰るんです、東京に。』
『・・・・。』


『そお。アタシ、もお帰らなくちゃいけないんです・・・。
 東京に・・・。今日、帰らなくちゃ・・・いけない・・んです。』

言いながら、涙がポロリ。



口ひげさん、当然、ドン引きです。

『そ、、そうなんだ。俺は、これから北海道に撮りに行くんだけどさ。じゃ、気を付けて帰ってね。』

なんやねん、こいつ・・・と少しビビり気味に、ささっと改札を通って駅の構内に消えていきました。


青森駅 改札_10491


全く、我ながら、なんやねん、こいつ・・・でした(苦笑)
降りしきる雪のせいでしょうか。
それとも、旅情あふれる駅のせいでしょうか。

つい先ほどは、雪まみれになって、げらげら笑っていたのに・・・。
北の街を去りがたく、しばし現役のオトメになってしまいました。

それにしても、何処へ行っても、よぉ泣きますね。(呆)


青森駅10_01



さてっと。
ぼちぼち新青森駅に向かわねば。。


青森駅11_01


青森駅でチケットとおやつを購入し、16時8分発の新幹線に乗りました。

青森駅13_01


ヱビスと『ちくわ』だけじゃ、出張帰りのお父さんのようなので、アップルパイを買ったところ、
売店のくじ引きでジャスミン茶があたり、ちっちゃくガッツポーズ。(^^ v

少しうとうとしてるうちに、初めての撮り旅、無事終了。

あっとゆー間の3泊4日だったけれど。
抱えきれない思い出が、今も心の引き出しにびっしりと詰まっています。

厳しい試練を乗り越えたら、東京に会いに行くから・・と、こっそり囁いてくれたゴメ王子の言葉を胸に、
明日から、また頑張ろ~~っ。
そお思いながら、おうちに帰り着きましたとさ。

めでたし、めでたし。

<<  >>




だらだらと書いてるうちに、サクラサク季節になってしまいました。
最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございます。


っで、次から、私、何を書いたらええんやろ・・・。(苦笑)

考えながら、ぼちぼちやりますので、今後とも、どうぞよろしくお願いします。




本日もお越しいただき、ありがとうございます。

金曜日。
お疲れ気味かと思いますが、もちょっと頑張りましょっ。

明日のために。
今日も笑ってお過ごしくださいませ♪






スポンサーサイト

青森駅へ・・・①      ~撮り旅 ゴメ恋物語~

ぶな3_02


定刻より少し遅れて、椿山にやって来た『リゾートしらかみ』のブナ号。

深浦駅で、反対方向から来るクマゲラ号を待ちます。


ぶな5_01



強い風に吹き荒れる粉雪。

待ち人は、おおよそ30分ほど遅れてやって来ました。

ぶな4_01



再び走り出すブナ号。


ぶな6_01


帰りの新幹線は、もちろん(笑)予約してないので、何時までに到着しないと~っということもなく。

『まあ、今日中に帰れればいいや・・』

と、のんきに構えていましたが、速度を落として走るブナ号や、窓越しの荒れる海を見ていたら、

『・・・っで、ホントに今日中に帰れるの、ワタシ。』(@@;


ぶな1_01


時折、青空が顔をのぞかせるものの。


ぶな8_01



すぐにまた、こんな感じ。↓↓

ぶな7_01


お天気が良ければ、岩木山が見えるはずでしたが、今回はお姿を拝むことができませんでした(涙)





ぶな10_01
撮り弁です(笑) 
ビールの社内販売がなかったのが、想定外でした(大泣) 
次回は、乗る前に買っておかないと・・・。




津軽三味線_10489


青森駅に向かう途中、鰺ヶ沢駅から五所川原駅までの間、津軽三味線のライブがありました。
津軽三味線は知っていましたが、生で聴くのは初めて・・・。

お腹に、ずしずしと響く迫力のある音と、テンポのいいバチさばき。
力強い演奏が、とても心に残りました。
津軽三味線、ちょっと習ってみたくなりました・・・。←単純です。(苦笑)


さて・・・。

『ブナちゃん、頑張れ~っ』の声援むなしく、ブナ号、弘前でギブアップ宣言。


ぶな9_01
かなりお疲れ気味のごっちゃん(五能線の普通列車)です。
よく頑張ったね。




路線名は、忘れちゃったんですが。
弘前から別の電車(汽車?)に乗り換えて、青森駅に向かいます。


えーっとですね。

ご承知のとおり、新幹線は、青森駅じゃなく新青森駅から出ます。
新青森駅は、弘前方面から行くと青森駅のひとつ手前になるので、そのまま降りてもよかったんですが。

なんとなく・・・。ここまで来たら、やっぱし、青森駅を見て行かなくちゃっっと思い、
新青森駅を越えて、青森駅まで行っちゃいました。

・・・↑↑やたら『青森』を連発してしまいましたね(苦笑)


あおもり3_01




結局、予定より1時間遅れの到着。

『駅の外、歩く時間あるかな~』と思いながら、ホームの階段を上がると、

あおもり2_01


両手を広げたようなベイブリッジと、お洒落なA-FACTORY。

こりゃ行かなあかんわっっ。行かんだらバチが当たる。←???

キャリーケースを転がしながら、駅の改札から外へ・・・・。



続きは、次回にて。


次回いよいよ『ゴメ恋』最終回です(多分)ーー; 
最後にまた、出会いと別れが・・・あったのかどうか。

お時間あれば、お立ち寄り下さいませ。



本日もお越しいただき、ありがとうございます。


昨日は、一日出かけており、みなさまのところへお邪魔できませんでした。
ゴメんなさい。
今日から、また、ぼちぼちお願いします♪


笑いに包まれた一日となりますように・・・・(# ^^ #)/

奇跡のように・・・④ <椿山の朝> ~撮り旅 ゴメ恋物語~

しらかみ_01


東京に帰る前に、もう一度、どうしても会いたかった白神の山々。
ちょっと、電線邪魔ですけど。
朝の光の中で、その姿を見ることができました。(^^ v

いつか、あのてっぺんに登って、椿山を見下ろしてみたい・・・。



くも_01





大きな風車と、ウェスパ椿山の駅。


えき_01




あしなが姫です(笑)

のっぽ_01


遠くの方から、そろりそろりと黒い雲が湧きあがっています。

あっっ。そー言えば。荷物、まだ詰め込んでなかったっっ。
急がにゃ~~っっ。


目が覚めるような青空のショータイムも、30分ほどで終わり。

コテージに戻って、再び、ぎゅうぎゅうと荷物を鞄に詰めて、帰り支度です。




えき1_01



3日前、ここに降り立ったときは、不安げな顔をした異邦人でしたが。

たったの3日で、ここはとても居心地のいい場所になりました。




えき2_01



たくさんの想い出を抱えて。


えき3_01



迎えに来た『リゾートしらかみ』のブナ号に乗ります。

また来るね、椿山。ありがとう~~~。



これから青森経由で東京に帰ります。
あとちょっと、お付き合い下さいませ。


次回は、ちょっとハルさんに寄り道して、お花画像をお届けします。←多分・・・ーー;



本日もお越しいただき、ありがとうございます。


1週間が始まりますよ~~~。
元気にやりまっしょっっ(^o^)/

奇跡のように・・・③ <椿山の朝> ~撮り旅 ゴメ恋物語~

つばきやまの朝2_02


12月19日の朝。椿山から見えた日本海。

穏やかそうに見えますが、カメラを構えていられないくらいの強い風でした。

寒いのが苦手なはずなのに、ちっとも寒くない。
奇跡のように広がった青空のおかげでしょうか。

それとも・・・。


つばきやまの朝4_01


お見送りに来てくれた、ゴメ王子とその仲間たち(笑)のおかげでしょうか。(# ^^ #)/



つばきやまの朝5_01


一昨日も昨日も、ゴメっ子ひとりいなかった椿山周辺。
この朝は、こんなにたくさんのゴメちゃんが、風にも負けず、波にも負けず。
両手・・・いや、両ハネを思いっきり広げて、力強く飛んでいました。


つばきやまの朝6_01
鳥みんぐ版です


おぉ~じぃ~っ!(おじぃではありません・・・って、前にも言いましたね。汗)
私、頑張るからね~~。
頑張って働いて、お金貯めて、また会いにくるからぁ~。(←急に現実的です。笑)
広角のレンズも買うからぁ~。(←王子とはあまり関係ないかも、、です。汗)


つばきやまの朝1_01



ぴょこぴょこ飛び跳ねながら思いっ切り両手を振って、大きな声で『ありがとう~』とお礼を言いました。

王子に。海に。椿山に。。 ここにいるみんなに。。 
ありがと~。

つばきやまの朝7_01



また少し、雲が厚くなりました。
急がねば・・・・。


つばきやまの朝8_01



もうひとり。
帰る前に、どーしてもご挨拶しておきたい方がいるのです。

会えるかな・・・。

つばきやまの朝9_01


海を背にして、コテージの方へ向かいます。



次回へつづく・・・。

すんません。まだ続きます・・(苦笑)



本日もお越しただき、ありがとうございます。



東京は、今日も春日和になりそうです。
楽しい日曜日を~~♪

奇跡のように・・・・② <椿山の朝>  ~撮り旅 ゴメ恋物語~

つばきやま1_01
椿山
・・・ちょっとたい焼きのように見える(笑)



振り返ると


つばきやま2_01
展望風呂



えーっと。
あのドーム型の建物が、鍋石温泉です。

きらめく日本海を眺めながら、最高の温泉気分に浸れるんですが。
今回、夜しか入ってないので、展望を味わうことができませんでした。(涙)

4月から10月までは、ドーム窓が開放されるので、露天気分で日本海を望めそうです。
夕日の頃に、入ってみたい~~。



右手には、

つばきやま3_01
すっかりなじんだ
艫作崎




この岬の形、お気に入りになりました。




つばきやま4_01
どこまでも青く広がる
日本海



どんよりと鈍いなまり色した空が、いつの間にかお色直し。

東京に帰る私を、賑やかに見送ってくれました。



つばきやま5_01



もう少し、Farewell Partyの様子をお伝えします。

似たような画像が続きますが、ご容赦下さいませ。m( _ _ )m



本日もお越しいただき、ありがとうございます。

一週間、お疲れ様でした。
楽しい週末を~♪
プロフィール

chacha

Author:chacha
chachaのブログへようこそ♪

日常の写真を不定期更新します(^^♪
山と、わんこと、カメラが大好き!!
お気軽にコメントいただけたら、うれしいです。
どーぞ、よろしく~♪


おきてがみ、やっと設置できました (# ^^ #)



♪~Voice  by androp~♪



Copyright© 2011 agraciado All Rights Reserved.

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
最新記事
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

pictlayer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。